早漏の原因は「心因性」と「過敏性」

 

早漏の改善には、早漏の原因を知ることが大切です。

 

その原因は大きく分けて二つ、過敏性早漏と心因性早漏と言われるものです。

 

自分がどちらのタイプなのか、しっかりと知ることにより、早漏の対策を立てることができるのです。

 

『ペニスに触れていないのに興奮して射精したことがあるかどうか』『包茎であるかどうか』『セックスをすると挿入しただけでイってしまう』など、早漏の原因として見分ける指針があります。

 

性的に興奮しすぎるのか、それともペニスが刺激に弱すぎるのか、自分はどちらのタイプか分かれば、早漏の原因もはっきりします。

 

ペニスが刺激に弱い「過敏性早漏」の原因は短時間オナニー?

 

 

ペニスが刺激に弱い早漏のことを過敏性早漏と言います。

 

包茎であることや、短い時間のオナニーを習慣としていることが主な原因です。

 

では、それぞれどういう事か見ていきましょう。

 

まずは包茎の人です。包茎の人は早漏になりやすい傾向にあります。

 

普段の生活では、一番敏感な亀頭部分が皮で覆われており、刺激から守らてれいる状態です。

 

そのため、いざ亀頭部分を露出し刺激を与えると、過剰に感じてしまいすぐにイってしまうのです。

 

皮で守られすぎて、鍛えられないのですから、当然の結果です。

 

皮に守られて普段から刺激に慣れていないことが原因ですが、無理に包茎手術を受ける必要はありません。

 

早漏を改善するトレーニングもありますので、安易に手術を考えず、まずは自分で克服できるようにしてみましょう。

 

 

次に、短時間オナニーの習慣が原因の人についてです。

 

オナニーの時間は人それぞれですが、一分以下で済ませてしまっていませんか。

 

あまりに早く抜くことだけを繰り返してしまうと、ペニスに刺激があると即射精しなければならないという風に、条件付けられてしまいます。

 

つまり、セックスをするときにも、挿入したり手で触れられたりしたら即イってしまう、なんてことになりかねないのです。

 

このように、しっかりと原因を知ることで、トレーニングなど過敏性早漏の克服方法も見えてきます。

 

過敏性早漏の対策は防止スプレーなどが有効

 

過敏性早漏を改善するために、リドスプレーのような早漏防止スプレーを使う場合があります。

 

このようなスプレーは麻酔の成分を含んでおり、ペニスに使用すればその時限りで射精を遅らせることが可能です。

 

麻酔成分を含むので、ペニスの感覚を鈍らせ、女性に触れられた時や挿入時の刺激だけでは射精しない効果があります。

 

ただし、あくまでもその時限りの措置ですので、これらの早漏防止スプレーは早漏の解決にはなりません。

 

使用方法も複雑で、ペニスに使用するタイミングやシャワーで洗い流す時間などが細かく決められています。

 

過敏性早漏の改善方法として、ペニスを鍛えることもできます。

 

一番敏感な亀頭を刺激して、刺激に耐えることのできるペニスを目指します。

 

ポイントは、射精も我慢することです。これにより、触れられたり少々の刺激だけでは射精しないペニスへと近づけていきます。

 

最初は優しく触れることを心がけ、慣れたら徐々に刺激を強くしていきます。

心因性早漏の原因は要は興奮のしすぎ!セロトニンが不足している

 

 

心因性早漏については、性的な興奮が過ぎるのが原因だと言われています。

 

女性の裸や喘ぎ声に興奮しすぎて、挿入を待たずに射精してしまうような状態のことです。

 

他にも、挿入前のコンドーム装着時に射精してしまったりと言う人もいるようです。

 

これは、コンドームの装着による刺激が原因ではなく、挿入に対する期待感が興奮に繋がったのが原因と考えられます。

 

つまり、セックス中に興奮しすぎるために早漏となってしまっている状態です。

 

もちろん、まったく興奮せずに射精することはありません。

 

ですが、興奮しすぎて早漏になっているのなら、ある程度興奮をコントロールすることで早漏を改善できるかもしれません。

 

では、セックス中に興奮しすぎる原因を見てみましょう。

 

セックス中に興奮しすぎて早漏となる原因の一つに、経験の少なさがあります。

 

女性の喘ぎ声も、女性の裸も、慣れていなければ刺激が強すぎて興奮を抑えられないものです。

 

もしかしたら、若い頃には女性の体を見るだけで気持ちが高ぶり、うまくセックスできなかった経験がある男性もいるかもしれません。

 

ただ経験が少ないだけなら、経験を重ねることによって改善していく場合が多いです。

 

こればかりは、場数を踏んで慣れるしかありません。

 

もう一つの原因は、リラックス効果のある脳内物質セロトニンの不足によるものです。

 

これが不足することにより、セックス中冷静になることができず、興奮が過ぎることになります。

 

こちらも、早漏の原因となるのは過剰な興奮ですので、セックス中に過剰に興奮することが無くなれば早漏の改善につながると言えます。

 

 

心因性早漏の改善には、刺激に強いペニスになることよりも興奮を抑える様な精神的な改善が必要です。

 

興奮をコントロールすることにより、セックス中の過剰な興奮を避け、早漏を防ぎます。

 

まずは、自分に合った方法で興奮を抑える方法を探すのが良いでしょう。

 

嫌な思いをした出来事を思い返すとすっと心が冷え興奮が冷めることがあります。

 

自分の嫌いな女性の顔を想像するのも良いかもしれません。

 

わざと抱えている重要な仕事について考えたりすると、興奮が引いていく人もいます。

 

また、家族の顔、特に母親のことを思い浮かべると熱が一気に冷めることでしょう。

 

興奮を抑えるのには、深呼吸するのも効果があります。

 

射精感が高まってきたら、一度深呼吸してみてください。

 

深呼吸すればリラックスすることができるので、興奮もおさまります。

 

これらの方法でも解決しない場合は、早漏治療薬に頼る方法もあります。

 

セロトニンが足りずに、過度な興奮状態が続くのなら、セロトニンを増やす作用のある薬を服用することで改善が期待できます。

 

早漏治療薬には、セロトニンの増加効果のあるダポキセチンが含まれています。

 

薬と言うことで、その価格も気になります。

 

コストを低く抑えるためには、ジェネリック医薬品を利用すれば良いと言われています。

 

ポゼットと言う薬が早漏治療薬のジェネリック医薬品になります。

 

病院や薬局での取り扱いはない薬ですが、価格はバイアグラの5分の1以下なので、気になる方はお試しください。

 

通販を利用して購入することができます。

 

心因性早漏の改善に効果のあるセロトニン増加の作用が期待できます。

 

⇒ジェネリック医薬品のポゼットを最安値店はコチラから

40歳を過ぎてから早漏になったという方は、衰弱性早漏かもしれません

 

例外的に射精閉鎖筋の衰えにより早漏になってしまう男性もいます。

 

衰弱性早漏と呼ばれ、射精を制御するための筋肉が衰えたことにより、早漏になるパターンです。

 

40歳を過ぎてから早漏になったという方は、衰弱性早漏かもしれません。

 

その場合は、射精閉鎖筋を鍛えることによって早漏が改善される可能性があります。

 

射精閉鎖筋は、直接鍛える方法がほとんどありません。ですが、間接的に鍛える方法はあるようです。興味がある方はトレーニングの仕方を調べてみてください。

勃起力不足は早漏につながる

 

中年になれば、射精閉鎖筋が衰えて早漏になってしまう人もいますし、勃起力不足で早漏になる人も出てきます。

 

昔に比べて勃起力が衰えたと感じ始めたら注意が必要です。

 

いつまでも昔のように力強く勃起する身体ではいられません。

 

衰える場所も、必ず出てきます。

 

それが射精閉鎖筋の衰えだったり、勃起力の衰えだったりするのです。

 

歳を重ねた男性だけでなく、中には20代の男性でも勃起力不足に悩んでいる人もいるようです。

 

勃起力が弱い若い男性も、早漏の心配があるのです。

 

勃起力が弱いと早漏になると言われている原因は二つあります

 

勃起力が弱まると、なぜ早漏になるのでしょうか。

 

EDの男性は、挿入中にペニスが萎えてしまい、ふにゃふにゃになってしまうこともあります。

 

そんな時はどうしますか。

 

女性に知られることを気にして、急いで激しくピストン運動を繰り返していませんか。

 

途中で引き抜いて自分で刺激を与えれば、もう一度勃起することもあるかもしれません。

 

しかし、相手の女性の気持ちの盛り上がりを考えると、できれば挿入したまま勃起させたいと考える男性も多いはずです。

 

しかし、それが原因で早漏になっている可能性があります。

 

激しくピストン運動をすると、その刺激でペニスは勃起します。

 

男性はそれを知っていますので、途中で萎えたペニスを復活させようと慌てて激しいピストン運動をしてしまうのです。

 

ところが、ペニスに刺激を与えすぎると、すぐに射精してしまいます。

 

これが、早漏を引き起こしているのです。

 

また萎えている状態のペニスは、刺激への耐性もあまりありません。

 

フル勃起している状態だと、血流で硬くなり多少刺激されてもなんともありません。

 

ところが、萎えている状態だとペニスを守るものが何もなく、刺激に対しては弱くなります。結果として、少しの刺激で射精してしまうのです。

 

「半立ち状態が最も危険」と言った有名なAV男優もいるほどです。

 

つまり、勃起力が弱いと早漏になると言われている原因は二つあります。

 

一つは、慌てて勃起させようとピストンしてしまい、強い刺激が加えられることです。

 

もう一つは、柔らかい状態のペニスが刺激に弱いことがになります。

 

実はEDの男性の中では、30%以上の人が早漏にも悩んでいます。

 

もし両方の懸念がある場合には、EDの治療に専念してみましょう。

 

勃起力を取り戻すことができれば、挿入の途中でペニスが萎えることはなくなります。

 

ピストン運動をしても、多少の刺激で射精することもなくなります。

 

EDを治療し勃起力が戻れば、早漏も改善するかもしれません。

勃起力不足の早漏はED治療薬で改善されることもある

 

 

勃起力を回復しED治療に使用される薬は、大まかに三種類に分けられます。

 

一つは、知名度抜群のバイアグラです。バイアグラを飲むとビンビンに勃起すると言われています。

 

しかし、デメリットとして、食事の影響を受けやすいことがあげられます。

 

一つは、食事の影響を受けにくい薬レビトラです。

 

レビトラは効き目も早く、勃起力への効果も十分です。

 

海外の研究では、早漏に最も効果がある薬だと言われることもあります。

 

一つは、非常に長く効果の時間が続くと言われる薬シアリスです。

 

勃起力こそやや弱いのですが、飲むと36時間は効果が続くと言われています。

 

煩わしいスケジュール計算の必要がなく、利用しやすい薬です。

 

このようにどれもED改善に使用される薬ですが、それぞれ特徴があるようです。

 

EDの改善が早漏の改善に繋がるわけですから、もし早漏に悩んでいる場合にはこのような薬に頼るのも一つの手です。

 

薬を飲めば、すぐにEDの改善に効果が出ます。

 

EDの治療がうまくいけば、早漏の改善にも期待できます。

 

他にも、ペニスや筋肉を鍛えるトレーニングをしたり、精力剤を使ったりと改善方法はあります。

 

ですが、即効性の効果があるのはED改善の薬です。

 

悩みが深刻ならば、思い切って薬を使った治療も視野に入れるといいでしょう。

 

中でもレビトラは効果抜群と言われていますが、他の薬でも十分な効果が見込めます。

 

海外の研究は参考程度にとどめ、自分が試したい薬を選ぶことが大切です。

早漏とED治療薬が一生になったスーパーカマグラが便利

 

 

EDの改善方法として、薬を飲むことが一番に挙げられます。ですがこれは、EDが改善すると言うだけで、必ず早漏が治るものではありません。

 

EDが原因による早漏の場合は、EDだけを改善させればよいのですから、それに伴う効果で早漏も解決します。

 

ところが、EDによる早漏に加え、例えば性的に興奮しすぎるといった体質の男性には、ED治療薬を飲んだだけでは早漏解決にはつながりません。

 

興奮しすぎる体質には変化がないからです。
このように、早漏の原因は人それぞれ多種多様にあるのです。

 

もし、ED治療薬だけでは効果が不十分、早漏は改善しないと感じたなら、ED・早漏両方に効く薬を試すのが良いでしょう。

 

実際、EDの治療をしながら、早漏も治せる薬があればありがたいと思います。

 

スーパーカマグラは、ED・早漏によく効くと言われている有名な薬です。

 

名前を聞いたことのある男性も多いのではないでしょうか。ED治療薬と早漏治療薬の両方の成分を含む薬なので、ED・早漏によく効くのです。

 

これだけでも魅力的な薬なのですが、更にジェネリック医薬品と言うことで、コストも安く抑えることが可能です。

 

スーパーカマグラは、ネットの通販でのみ購入可能になっています。

 

病院や地元の薬局・ドラッグストアなどでは購入できないので注意しましょう。

 

EDと早漏、どちらの悩みも本気で解決したいと考えているなら、スーパーカマグラの服薬を検討してみても良いかもしれません。

 

スーパーカマグラの最安値販売円はコチラ